概要

誰でもWAFプラットフォームは、クラウド型WAF構築・運用支援サービスです。
自社でクラウド型WAFを導入・開発したい企業様や、第三者へのサービス提供を行いたい企業様へ、インフラ構築から運用までをパッケージ化し、ワンストップでWAF提供の仕組みを構築するオープンセキュリティプラットフォームサービスです。

サービス構成

サービス構成 サービス構成

サービス仕様

インフラ構築支援

当社が持つクラウド型WAFの技術・運用ノウハウの提供により、インフラ構築支援を無料で実施します。
クラウド型WAFの導入や、第三者へ提供を始めたい方へ最適な内容です。

AMIインフラ構築支援 アマゾンウェブサービス(AWS)上にセキュリティプラットフォームを公開しており、AMIを通してワンクリックで設定プログラムをコピーすることが可能です。
プログラムには二重認証やCDNなどの新機能を追加し、オリジナルのセキュリティサービスとして提供することが可能です。
シグネチャ提供 初期費用:30,000円
月額費用:100,000円
※5000万リクエスト毎
※料金は全て税抜き表示です
対応攻撃一覧
  • SQLインジェクション
  • クロスサイトスクリプティング
  • ディレクトリトラバーサル
  • OSコマンドインジェクション
  • 改行コードインジェクション
  • コマンドインジェクション
  • LDAPインジェクション
  • ファイルインクルード
  • URLエンコード攻撃
  • その他のWEB攻撃全般
ドキュメント提供 サービスに関する資料などのドキュメントを必要に応じて提供いたします。
弊社より提供されたドキュメントはご自由に利用可能です。
運用サポート WAFの運用についてご不明な点も弊社がサポートいたします。

ご利用イメージ

AMIインフラ構築支援により自社でクラウド型WAFを販売

ご利用イメージ AMIを利用して簡単にWAFセンターを構築できます。
弊社からシグネチャを提供することにより、ユーザーへWAF機能を販売できます。 ご利用イメージ

AMIインフラ構築支援によりAWS上にWAFセンターを構築し、
クラウド型WAFを提供

ご利用イメージ AWSを使用している場合、AMIを利用して簡単にWAFセンターを構築できます。弊社からシグネチャを提供することにより、ユーザーへWAF機能を提供できます。 ご利用イメージ

インフラ構築支援により自社でクラウド型WAFを販売

ご利用イメージ インフラ構築支援により、自社のインフラ環境で簡単にWAFセンターを構築できます。
弊社からシグネチャを提供することにより、ユーザーへWAF機能を販売できます。 ご利用イメージ

自社サービスのインフラ上にWAFセンターを構築しクラウド型WAFを提供

ご利用イメージ 自社で構築しているサーバにてWAFセンターを構築・ 運用して自社サービスに組み込み、ユーザーへWAF機能を提供。 ご利用イメージ

誰でもWAFプラットフォーム
ご利用事例

NHNテコラス株式会社が提供するWordPressホスティングサービス「エクスクラウド」はWebサイト運用ホスティングサービスです。
WordPressの拡張性の高さはサイバー攻撃の対象となりやすく、お客様からの要望として”WordPressのセキュリティ対策”が多く挙げられていました。こうした課題に対し、「誰でもWAFプラットフォーム」の利用により自社でインフラを構築することで、お客様へ追加費用を頂くことなくWAFの提供が可能となりました。

WordPressに安全を。サイバー攻撃からWordPressを守る、WAFを標準提供

株式会社プログデンスが提供する「クラウドWAFレンジャー」は「誰でもWAFプラットフォーム」の”AMIインフラ構築支援”により誕生したサービスです。
煩雑な開発作業を行うことなくWAFを提供することが可能となりました。「攻撃遮断くん WEBセキュリティタイプ」と同様のWebサーバのDNSを切り替えるだけで、サイバー攻撃からWebサイトを守ります。

クラウドWAFレンジャーとは?